開発製品

経費支払システム

ver.3.0

最新のインフラに対応した本部OA化ツールとして!!

『経費支払システム』は、金融機関の煩雑な経費支払業務について、現場の「支払パターン」や「勘定処理の流れ」などを分析し、様々な支払形態に対応した事務効率改善ツールです。

煩雑な経費支払事務を
・「支払登録」
・「支払抽出」
・「支払データ作成」
の手順に整理し、標準化・効率化した事務処理を追及します。

また、「経費の情報系システム」として、既存の勘定系システムの経費処理を付加・支援し事務効率面・管理分析面の機能をご提供します。

金融機関の本部業務の効率改善ソリューションとして、ご提案をさせていただきます。

特徴

  • 担当部門の実務ノウハウを十分に取り入れた設計コンセプト
  • 伝票起票および端末オペレーションの削減
    経費支払案件をデータ化することで伝票起票および端末オペレーションが削減され、大幅な事務負担の軽減が可能です。(リエンタ対応(センターカット方式))
  • 口座相違の解消(科目、費目相違)
    支払先をシステムへ登録する時に、振込金融機関・口座番号も同時に設定するので口座相違が解消されます。尚且つ、支払ケースを登録(テンプレート機能)しておくことにより、出金側の勘定科目(費目)を記憶させておくことが可能なことから、科目(費目)相違も防ぐことが可能です。
  • 消費税申告「個別対応方式」への対応 
    支払案件ごとに税率、課税売上区分の入力が可能です。(定型帳票も装備)
  • 証憑書類の電子化対応 
    経費支払時に発生する請求書や領収書の電子保存に対応しています。
  • AI機能の装備
    支払先検索時にキーワードを入力することにより、過去の支払先から最も使用頻度が高い先を自動的に抽出する機能を装備しています。
  • 予算実績管理
    予算を登録することにより、部店別の予算実績管理が可能です。
  • データ分析
    経費支払案件をシステムに登録することによりデータベース化され、様々な経費分析が可能です。
  • 税抜き会計方式への対応(オプション)
    支払案件ごとに仮払消費税の入力が可能です。