開発製品

郵便不着先管理管理システム

ver.1.0

郵便不着先への積極的な解消対応を支援します

郵便不着となった顧客について発生日や不着郵便物名、不着先への対応履歴などを容易に記録します。各営業店や本部から顧客全体の不着先情報の照会が行えるので、全店舗で情報共有が可能となり顧客対応が迅速になります。また本部から各営業店の対応状況を確認し分析や指導を行います。

特徴 ※所在不明会員管理対応

  • 入力負荷の軽減
    郵送物名称、不着理由、対応内容、対応結果などはコード選択による入力とし、登録負荷を軽減。
  • 不着先の解消対応
    不着先の記録にとどまらず、早期解消に向けた本部指示・指導が可能。
  • 所在不明会員の除名対象者抽出が可能

郵便不着先管理システムは、以下の機能で構成されています。

郵便不着先の登録
  • 郵便物が返戻された顧客について氏名・住所等の登録
    (既存情報系データベースの連携で氏名・住所・取引情報などを自動セットする対応も可能)
不着物の登録
  • 不着返戻された郵便物の登録
    (定期性預金の満期案内、総合口座・カードローン利息決算の通知等)
対応の登録
  • 不着先顧客への対応内容とその結果の登録(役席の確認機能あり)
検索・照会
  • 顧客名(部分一致)による検索や抽出条件による対象先の一覧検索と登録内容の照会
集計・印刷
  • 店別の不着先増減、郵便物別の不着先数の集計、解消率などの出力