開発製品

経費支払システム

ver.2.3

詳細説明

特徴

  • 担当部門の実務ノウハウを十分に取り入れた設計コンセプト
  • 操作性を重視
    ・テンプレート機能・・・一度登録した経費支払データの再利用
    ・わかりやすい画面展開
    ・経費費目や支払先業者などの文字検索機能
  • 役席による検証に対応
    経費データ登録時と支払データ作成時に、役席のパスワード入力による承認機能
  • 勘定系システムとのインターフェイスを用意(勘定系端末操作の削減)
    『経費出金データをFD出力する機能』により、FD経由で勘定系システムに出金データを引き渡すことで、経費出金のセンターカット処理が可能に。
    ※ 「勘定系システムにFD経由での他系インターフェイスがあること」が前提
  • Microsoft(R) Excelで二次加工が可能
    明細表示画面はExcelに連動して、明細データを『Excelファイルに変換(引渡し)』が可能

経費支払システムは、以下の機能で構成されています。

経費支払システムでは、 Microsoft(R)Excel に連動し、伝票はすべてExcel の印書機能により出力します。
当システムは Microsoft(R)Excel2003/2007/2010/2013 を導入していただくことを前提としております。

支払データ登録
  • 「定期的な支払」、「不定期の支払」、「一過性の支払」を事前に登録
    【 登録項目 】:支払先、口座、摘要欄、支払予定日(複数登録可能)、他
  • 支払先はデータベース化
期日管理〜伝票発行
  • 支払予定日を指定(通常は支払前日に伝票を発行しておく)し、対象データの伝票発行(最大6種類の伝票レイアウトを設定可能。種類選択により該当伝票に印字)
  • FBデータ作成(FD作成)
  • 支払実績登録
実績管理
  • 支払履歴照会
  • 統計分析
    <支払先別実績一覧/費目別実績一覧/月別実績一覧>
予算管理
  • 予算の費目別消化進捗を把握(予算額、実績累計、残高、消化率)
  • 予算消化シミュレーション

MicrosoftおよびWindows は、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。